歴史を学ぶ

閉じた目

黒酢の歴史は古く、紀元前前から作られていたと言われています。そして、日本へは今から1200年前の江戸時代から作り始められました。日本に黒酢が伝わったのは中国からです。そのため、中国の黒酢がベースとなっています。また中国では漢方として黒酢が飲まれることから、日本でも同じように伝わりました。消化機能を促進する力があるため、中国料理では薬としてだけでなく調味料としても良く使用されています。現在の日本でも、健康ブームの1つとして黒酢がブームとなっています。直接飲んだり、ジュースと割って飲むことができるものやサプリメントなどになっているものまであります。これからは料理の調味料としても注目したい食材となっています。

黒酢は現在では健康食品として直接飲んだり、サプリメントになっているものが多いです。直接飲むのは苦手という人も降り、様々な工夫がなされているのが現状です。サプリメントなどは味を気にしなくて摂取することができるため、どんどん増えています。これからの動向としては、その味を活かした商品が増えるのではないかと言えることです。なぜなら、黒酢を扱う調味料などが多々販売されつつあるからです。例えば、黒酢入のドレッシングやポン酢なども発売されています。変わったものでは、アイスクリームなども登場しています。これらのことから、もっと黒酢を使用した商品が増えていくと予想することができます。変わったものが販売され、ブームとなる可能性もあります。